西谷信広公式ブログ

中国 傲慢な態度はこれが理由!G7結束がカギ!

  • 2024.6.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中国-傲慢な態度はこれが理由!G7の結集がカギ!

中国の度を越した下品且つ傲慢な態度。
これが日増しに悪化しています。

G7は本質的に必要な対処ができて
いません。

5月20日、中国駐日大使 呉江浩が
日本国民を恫喝しました。

5月23日から2日間、中国軍が
台湾を囲み軍事演習を実施しました。

5月24から2日間はイタリアで
G7外相会合が行われ中国の過剰生産を
名指しで強く非難しました。

5月27日、日中韓首脳会談が
韓国ソウルで4年半ぶりに開催され、
人的交流、相互投資の拡充、そして
未来志向の協力関係を築く事を確認
しました。

5月、中国の傲慢な態度が全面にでました。
そこには先進国の現状認識の甘さ、
中国の今が絡み合っています。

【本動画のメリット】

(1) 日本の現状・問題点を知る

(2) 中国のまさに今の実態を知る

(3) G7が政治経済で取るべき行動がわかる

(4) 投資の注意点がわかり資産形成に有利

事実から全てが始まります。
ぜひ、ご覧ください!

毎週日曜日 18:00動画公開中!

◆動画内で紹介した動画

5月19日公開
『中国 欧州飲み込み!米国は不況か?その時日本は!?』
https://youtu.be/9kvFp4WPhRs

==========================
内容がよかったなら高評価、コメント、
チャンネル登録、ベルマークの
クリックを宜しくお願いします!

コメントは読むようにしていますが、
本業は事業戦略並びに新規事業を
コアとしたコンサルティング業務と
トレーニングです。

返答時間は極力撮るようにしますので
コメント宜しくお願いします!

あなたは動画をみてどう思ったのか?
意見は?
どしどしお寄せくだ!
==========================

「事実を知ることからすべてが始まる」

事実を積み重ねると「今」の姿が見えます。

自分なりの将来予測も可能になる。

思考停止にならない。

100%正しくないかもしれない。

でも、人生、社会、世界の向かう
大枠の方向を、感情を排除して
みつめることができるはずです。

誇張、感情で偏った主観や嘘の
羅列ばかりの話よりよほど
確かなものだと思います。

【タイムスタンプ】
00:00 《中国 傲慢な態度はこれが理由!G7結束がカギ!》
01:16 小心者ほどヒステリックに騒ぐ!
04:35 世界の常識! 外交とは〇〇だ!
05:58 G7 中国を名指し非難もその実態は?
07:16 日中韓首脳会議での成果物は一体何か?
10:39 中国経済の実態 それは底なし沼だ!
11:31《中国の恫喝姿勢は先進諸国結束がカギ!》

■書籍発売中!!
◎『誰でもできるのに1%の人しか 実行していない仕事のコツ48』
(フォレスト出版)
https://amzn.to/2U9VUv6

※本書籍は出版社の依頼により
読みやすさを追求し抜き出して
読みかえせる構成にしました。
お仕事にご活用ください。

■プロフィール アペライオン(株)

【代表、著者、西谷 信広】
20歳の時に死にかけてニートから
180度生き方をかえ、
逃げ続ける人生に 終止符を打つ。

単身新規事業を立ち上げるなど
挑戦を繰りかえして成功する為の
独自のビジネスメソッドを構築。

過去20年間で累計500億円分の
新規事業を立ち上げる。

世界初システムを構築、0から1を達成。
勤務先の東証一部上場を主導・けん引。

現在は独自メソッドの営業、
コミュニケーションなどを含むトレーニング、
事業戦略、新規事業 コンサルタント等、
幅広く活動している。

また、高収入を生む転職で人生転換、
高効率の時間活用で豊かさ最大化等、
安心・安全の人生実現方法を、
個人セッションを通じて伝えている。

ビジネスメソッドの一部から営業に
特化した内容を書籍として発売中。

オーストラリア、クイーンズ州、BOND大学 経営学修士(MBA)修了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本製鉄がUSスチールの買収成功なら株価は上昇していくのか
    タイトル:日本製鉄 USスチール買収成功で株価高騰か!? 果たしてUSスチール買収は日本製鉄...
  2. 日本の株式市場の相場すらも左右しかねないアメリカ大統領選挙が11月に実施されます。現職大統領のバイデンとトランプの一騎打ちですが、「万一トランプが大統領に返り咲いたら。。。」ここに世界のマスコミは集中しています。もちろん日本のマスコミでも「もしトラ」がひたすら話題ですがトランプは本当に大統領に返り咲くのか解説です...
    日本の株式市場の相場すらも左右しかねないアメリカ大統領選挙が11月に実施されます。
  3. 日本の円安。どうなるのか。