西谷信広公式ブログ

表情がいい人は、仕事もできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
facial-expression-in-relation-with-stress

知り合いのカメラマンから聞いた、表情筋と仕事の関連とは?

誰の人生にも色々なことがあります。
怒ったり、喜んだり、笑ったり、そして泣いたり...

右脳はご存知のとおり感情をつかさどります。つまり、人間の表情に大きく関わりがある脳です。右脳ですから、影響が色濃くでるのは、顔なら左側の表情です。

 

何十万枚と写真をとってきたプロカメラマンの話し

ほとんどの人は左側の表情筋が“つれる”ように動き、右側の表情には同様の反応はでないそうです。
例えば、上手くいかない時、人はストレスを覚えます。その感情がはっきりでるのが、左側ということです。笑顔さえも、左右の表情に差がでるそうです。

なお、とてもおだやかに生きてきた人は、左右の表情筋の動きがほぼ同じなので、
柔らかい印象を受けるのだそうです。

大きな影響をおよぼす行動とは?

ストレスゼロの人は居ないのかもしれません。上司とそりがあわない。苦手な部下がいる。意見をなかなか述べられないなど。

一瞬の怒りや、悲しみ、ストレスが表情筋を作り上げるように、些細なミスはストレスを知らずのうちに、蓄積させます。お分かりのとおり、大きな問題に発展することもあります。

ストレスをなるべく感じない様にするためには、しっかりとしたメンタルを確立することが重要です。ストレスは減らすことが出来るのです。

仕事のコツをしっかりと理解し、腹に落とし込む。自分の物とすることで今までとはちがう対処方法を身につける。効率も高まります。正しい仕事の進め方をすれば、ストレスは減ります。
表情筋にもいい影響を与えます。

48の仕事のコツを一冊の本にしたのは、少しでもストレスを減らす助けになれば、との思いもありました。

ぜひ、手にとっていただき、実践してみてください。いい表情筋を育てようではないですか。

 

誰でもできるのに、1%の人しか実行していない仕事のコツ48(フォレスト出版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは。行動変革プロデューサー、著者の西谷です。
  2. no-worry-but-think-of-it-as-fun
    行動変革プロデューサーの西谷です。
  3. move-forward-with-small-change-of-action
    先日、弊社のお知らせでお伝えしたFM-FUJI、10月1日(月)19:30からの生放送『みんなの...