西谷信広公式ブログ

セミナーや研修で出会う、大過なくスムーズに運んでいる人はすばらしい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
challenge-or-go-easy-life is different

何事も確実にスムーズにこなす人たち

うまく仕事を進める人がいる。間違いなく。なかなかスムーズである。
研修でも、とてもうまく語り、過不足なく回答する人がいる。
言っていることはそれなりのロジックがあり
正しく、良い答えだ。

でも、なにか引っかかりを感じることがある。

勉強会やセミナーで感じる、違和感

仕事が大過なくできるのは、ほんとうに良いことなんだろうか?

営業にも当然存在する、「そつなく仕事をこなす人」。
なんとか数字も作ってくる。結果は悪くない。

部下で数字を作ってくれる人。これは確かに助かる。
部門として数字は必要だからだ。

でも、数字の内容を見ると、同じ顧客からの仕事ばかりである。
販売している製品も同じものばかりだ。

冒険が一切ない。

言われたことはそつなくこなす。けっこうサラリとこなす。
でも、そういう人はよく
観察すると、失敗しないようにすることに
注意をはらった仕事のしかたをしている。
つまり、ある範囲からはみ出さない。その範囲での発想だ。

ある決められたことを進めてもらうにはいい。
しかし、それ以上は任せられない。

失敗をしないように活動する人は冒険しない。
失敗すればそこから学びがあるが、挑戦しないとそのぶん学びは少ない。

挑戦して失敗する。それは、真摯に仕事に向き合い自分の成長と向き合うこと。
学びを得れば失敗は成功の糧に名前が変わる。

1日の仕事時間は8時間。使い方で人生が変わる。学びの時間でもあるのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. various-payment-way-for-good-and-services
    製品価格を決定づける5つのポイントについてのお話です。
  2. 「自分にもっと合った会社があれば転職したい」本年度入社したばかりの新卒のうち、実に56....
  3. feel-betrayal-but-is-it-true
    www_slon_picsによるPixabayからの画像こんにちは、行動変革プロデューサ...