プレスリリース

年末年始休暇に関するお知らせ

  • 2023.12.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末末年始のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
さて、誠に勝手ながら、年末年始は下記のとおり休業させていただきます。

休業中は何かとご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承賜れますようお願い申し上げます。

========================================================
年末年始休暇期間: 令和5年12月29日(金)より令和6年1月5日(金)
========================================================

新年の1月8日(月)9:00より通常業務となります。

休暇期中にご連絡いただきました件については令和6年1月8日(火)以降にご返答させていただきます。

また、ホームページからのお問い合わせも令和6年1月8日(火)以降回答をさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

さて、

迎える令和6年。円安は落ち着きをみせおそらく円高方向へ動きます。
しかし、日本企業の国内回帰および海外からの投資も活発化しており、
経済そして株式市場にも追い風となる雰囲気です。

2024年(令和6年)が皆様に取りまして、素晴らしく実り多い年となることを
心より祈念いたします。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、来年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

ピックアップ記事

  1. 日本製鉄がUSスチールの買収成功なら株価は上昇していくのか
    タイトル:日本製鉄 USスチール買収成功で株価高騰か!? 果たしてUSスチール買収は日本製鉄...
  2. 日本の株式市場の相場すらも左右しかねないアメリカ大統領選挙が11月に実施されます。現職大統領のバイデンとトランプの一騎打ちですが、「万一トランプが大統領に返り咲いたら。。。」ここに世界のマスコミは集中しています。もちろん日本のマスコミでも「もしトラ」がひたすら話題ですがトランプは本当に大統領に返り咲くのか解説です...
    日本の株式市場の相場すらも左右しかねないアメリカ大統領選挙が11月に実施されます。
  3. 日本の円安。どうなるのか。